プラズマ療法に関する本のご紹介

健康をサポートする機器として、なごみや整体院に設置している「プラズマパルサー」に関する本『プラズマ化学と世界を救う技術』 が先月末に出版されています。

プラズマパルサーが開発された経緯や、プラズマ化学の技術など、とても興味深い内容でした。
ぜひ一度読んでみてください(^-^)/

以下、本の内容紹介です

プラズマ化学が生み出す
・新しいエネルギー
・新しい放射線除去低減法
・新しい、ガン・難病の治療法
を110件の特許を出願した専門家がはじめて明かす!
田丸滋氏が開発に貢献したプラズマ療法は、全米ガン学会のACIM(統合医療学会)で治癒率No. 1になっているが、日本では一切報道されていない。
[プラズマ療法の実例]
先天性小児麻痺で成長が止まった子が突然成長を始めた。
3ヶ月で30センチ背が伸びた、生理も始まった。
足の長さがそろった。
送電線はいらない。宇宙空間で巨大衛星に設置された太陽光発電システムで発電された電力を、衛星から地上に直接送れる技術がある。このエネルギー技術の実用化は、日本で4年後の2023年に可能(NHKで発表)。これにより石油も原子力も要らなくなる!
ウクライナではプラズマ処理した水道水でトリチウムの除去をした水を飲ませている。
プラズマを照射した水を飲めば、体内の有機トリチウムからトリチウムが除去できる。プラズマウォーターを飲めば体内の汚染は体外に出る。その特許は田丸滋氏が持っている。
プラズマは治療に異次元の効果を発揮する。プラズマを医療に応用すれば、病院がいらなくなる⁈プラズマの一番の特性は生命エネルギーの活性化。この特性を突き詰めていけば治せない病気がなくなる。ガン、難病も簡単に治せるようになるかもしれない。

追記(2020.6.1)
プラズマ療法に関する2冊目の本が出版(2020.4.1)されています。

以上です。

先週、以前の職場の同僚が整体を受けに来てくれてオープン祝いにと、とてもきれいなお花を頂きました。
なごみや整体院を彩ってくれる仲間として加わってくれました^^

本物の花を加工したもので、このまま綺麗な状態が続くようです。
ドライフラワーとは違うようで、これもすごい技術です^^

いつもありがとうございます^^

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。