病気や不調は身体さんからのメッセージということをオーケストラで例えてみます

この世に

最初はありのままの個性(健康)の状態で生まれ

自分(自分が自分と意識している自分)が

調和のとれた37兆個の細胞達(身体さん)の指揮者(リーダー)として、素敵なハーモニーを奏でていました。
(僕の場合は病気発症の原因とされるウイルスさえも団員の一人として設定して調和がとれていました。)

でも成長する過程で社会や色んな人の価値観、常識、意見を取り込んでいって、指揮者(リーダー)である自分が、ありのままの自分の個性、今の自分にダメ出しし始め

もっとがんばらないと(愛されない)とか

まだまだ努力が足りない(そんな自分はダメだ)とか

こうすべきだ(こうあるべきだ)

などの本来の個性、ありのままの自分を否定して

本来の個性とは異なる沢山の価値観(メンバー)を追加していって

不調和な状態になり、その結果

癌という状態になってしまいました。

癌という字には口が3つもついて、人の意見や価値観を山のように持ってしまったとも言えるかもしれません。

本来、ありのままで調和がとれ、美しいハーモニーを奏でていた37兆個の細胞達から、指揮者であり、リーダーである自分に

「ありのままの自分に戻ろうよ」

という声が病気や不調です。

身体さんにとってそれが一番伝えやすい方法なのです。

本来のありのままの個性の状態で存在することこそが、私たちが生まれ、それぞれの役割を果たすことになるからこそ、「ありのままの自分に戻ろうよ」と身体さんは伝えてくるのです。

その身体さんからの声を聴いて、本来の自分の個性とは異なる価値観(メンバー)に気づいて外していけば・・・・・

調和のとれたハーモニー(周波数)の状態でいることことこそが、自分の役割です。

Awakening Support サロン
なごみや整体院でご提供させて頂いている
RAS®(ラス)ではその本来の自分とは異なるメンバー(「信じ込み」)を筋肉反射で身体さんに直接聴いて特定し、根こそぎ解放していきます。
量子波動測定器メタトロンでは、その不調和な周波数を特定して、調整しています。
整体では、「ありのままの自分でいいんだよ」、「病気や不調って自分で癒せるんだよ」という周波数を直接触れてお伝えしています。

いつもありがとうございます^^

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。