骨髄移植から満12年です

おかげさまで、本日2019年12月5日で骨髄移植から満12年が経ちました^^
干支もちょうどひと回りして、僕のO型(元はA型)の血液達は小学6年生です。

病気発症前から発症時、治療途中、治療後、現在まで環境の変化も大きなものがありましたが、僕の外見にもとても大きな変化がありました。
病気発症前の僕にしか会っていない知人、友人には髙原和也だよと名乗らないとわからないくらいです。

それほど強力な治療、薬剤を使用した副作用だと思いますが、薬害がどうだとか僕はそこを責める気持ちはありません。
自分で選択した治療方法ですし、その時はその選択をしなければ今の僕はなかったと思っています。

その「治療」という体験、経験があったからこそ感じられた感情や想いなど、すべてが必要だったと思っています。
その出来事すべてがあったからこそ、最後は自分に合ったベストな方法が僕の目の前に現れてくれて、それを選択することができたのだと思います。

病気を発症したこと、受けた治療方法のこと、させられたと思っていてもそれもすべて自分で選択したこと。
自分で選択したこと、と理解すると困難な状況もどうにかできるよう気がします。

病気発症前から現在までの写真を自分で見ても、変化が大きかったな~と改めて思います。

2006年 風邪ひとつひかないくらい元気な頃
2007年4月 白血病発症時リンパが腫れ顔もボコボコになっています。
2007年5月 上の写真から1カ月後、抗がん剤治療を受けてなんかスッキリさわやかな感じ^^

そして、2007年12月5日に骨髄移植。下の記事です↓

こんにちは。 今日も涼しくて過ごしやすい天気でした。 前回の記事 https://7538-seitai.com/archives/1
2008年1月 骨髄移植から1ヶ月後、副作用で脱毛して浅黒く(肝臓にダメージ)なっています。

骨髄移植から約半年後にはステロイドの影響で浮腫みはあるものの、寛解状態を維持していて、体力も回復し、職場への挨拶も兼ねて石垣島へ家族旅行。
髪も眉もフサフサに戻っていました。

2008年6月移植から約半年 ステロイドの影響で浮腫んでいます(石垣島にて)。
半年で旅行に行けてるのは素晴らしい(^^)

骨髄移植から1年も経たずに再発したため対症療法の放射線治療を受け、再び一時寛解。経済的な不安のため、いずれ再々発するだろうと思いながらも移植から約1年半で復職しました。

2009年4月 再発後無理やり職場復帰。
お肌の色素が抜け白くなりかけています。

2009年4月に職場復帰したもののすぐに腓骨を病的骨折し再々発が判明。
復帰から3カ月後に再び休職。下の記事です↓

こんにちは。 前回の記事 https://7538-seitai.com/archives/1435 の続きです。 足が痛み出して、最初は「
2009年7月末 眉毛は抜け、お肌は真っ白になっています。
この日から約2週間後に余命宣告を受ける(写真を見ると意外と元気そう^^)
2009年12月5日 ちょうど移植から2歳のお祝い。
余命宣告後なので生気が感じられず、つくり笑顔(^_^;)
2010年2月バレンタイン
死に向かって生きている頃。病人らしさを醸し出してます(^^;
目の前真っ暗、お肌は真っ白

ここまでが白血病になって、骨髄移植をして、再発して、再々発して余命宣告を受けて、自分は不幸で可哀想だ、被害者だと思っていた頃の僕の写真です。

その後、2010年4月末にある方に掛けられた言葉

あんたそんなに死にたかったら、死んだらいいさ~

こんなに病人ぽくて医学的にも死にそうな状態の人に(お白いを塗ってるわけではありません^^;)↓

「死にたかったら、死んだらいいさ~」

・・・・・・。

でもその言葉で僕の意識の変容が起こりました。
DNAも書き換えられたのではないかとさえ思います。

すべて自分自身がつくり出した現実なんだ。
すべて自分自身に責任があるのだと。


ここから日増しに生きる気力を取り戻していきます。

2010年6月 弟家族に会いに東京へ遊びに^^
東京タワーでお決まりのガラスに乗って「こわいね~」と笑顔
2010年8月 日焼けも気にせず真っ白なお肌で海三昧でした^^
2010年8月 真っ白なお肌でファミリーフィッシング^^
2010年8月 真っ白なお肌で従兄弟達とビーチパーティー
2010年11月 奈良で断食 お肌はまだ真っ白

この断食の頃まで腫瘍は残っていましたが、断食中に最後の大きな浄化がありました。下の記事です↓

こんにちは。 今日は心地よい風が吹いていて、過ごしやすい一日です。 前回の記事 https://7538-seitai.com/archiv

そして、主治医に戻ることはないでしょうと言われたお肌の色素達も、太陽にあたるところからポツポツと戻り始めてきました。

2010年11月末 色素達も顔を出してきてくれました。
半袖半ズボンですが11月です。
2017年12月10日ホノルルマラソン完走

そして今の僕につながっています。

2019年1月 初詣
2019年10月1日 なごみや整体院オープン

白血病発症という出来事は命がけで向き合う大きな出来事で、写真を見ても分かるように、途中、もうダメだという場面もありました。

でもこうして今、僕は生きています。

生かされています。

決して特別なことをしたわけではなく、ただその時その時、落ち込んだり、悲しんだり、怒ったり、家族に八つ当たりしたり、もちろん楽しんだり、笑ったりいろんな感情を味わっていました。

そして、自分の目の前に起こる出来事とその出来事から沸き起こる感情も含め、自分自身に責任があるのだな、ということに気付けたことが病気の自己治癒につながった大きな理由の一つだと思います。

僕の経験したことは一般常識という枠内の経験だけではなかったのですが、決して特別なものではないと思うので、これから多くの方とこの経験を分かち合っていけたらいいなと思っています。

家族、友人、知人、先輩など、ほんとに沢山の支えがあって今日という日まで生きてこられたなと、 感謝の気持ちでいっぱいです。
いいことも、いやなことも、いい人も、そうでない人も自分の周りのすべてが繋がって学び合い、気づかせ合い生きているんだな~と。

明日は12月5日だということに昨日気付いて、今日はそんなことを考えた1日でした^^

いつもありがとうございます^^

テテのブログ→「なごみや整体院スタッフテテの日常」

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。