【感情ストレス解放セッションのRAS®】解決する方向に動きだしました(40代 女性Tさん)

先月、感情ストレス解放セッションのRAS®(ラス)を受けられたクライアント(40代女性Tさん 医療職)さんから、嬉しい報告がありました。
実家のご兄弟が長年(約10年)引きこもりで、どうしたらいいのか分からないという状況が続いていて、ご家族みんなが疲労、憔悴している状態という中、RAS®セッションを受けられました。
セッションの翌日、すぐに実家で起こった出来事や、クライアントさんご本人の感情の動き(消化)に戸惑いもあったようですが、昨日いらした際にはスッキリとした表情に変化しているように感じました。

クライアントさんから承諾が得られましたので、届いたLINEをシェアさせて頂きます。

以下
~~~~~~~~~~~~~~~~
高原さんこんにちは。
先日はRASセッションありがとうございました。
セッションの翌日から、約10年くらいの引きこもりで停滞していた家族の問題が解決する方向に動き出しました。
翌日からいきなり動き出したのでビックリでした。
セッション翌日から、状況が変化していく様子に、はじめは戸惑いどうして良いのかわからなくなりましたが、自分の感情も動いていることに気づきました。
解決策が少しずつ見えていくことでようやく心が軽くなったような気がします。
その渦中にいるときは、毎日が目まぐるしく思い気持ちでしたが、状況の変化を受け入れ、前に進みはじめているような気がします。
ありがとうございました。
~~~~~~~~~~~~~~~~

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!